site logo

授乳中のお酒はココを注意すればOK!

授乳中はお酒を飲んだらダメ!なんて風潮が日本ではありますけど、海外では意外と産後の飲酒について寛容ですよね。「周囲の目」を気にして公言はしていないかもしれないけど、意外と母乳育児中に飲酒しているママって多いんだって気が付きました。

周りの目が気になるけども、やっぱりお酒は飲みたい!それって私だけ??

周りの目が気になるけども、やっぱりお酒は飲みたい!それって私だけ??

こんにちは。
現在、2人目を母乳育児真最中の自称中堅ママです。

今回は、授乳期育児中ママのお酒事情について
「赤ちゃんへの影響」や「海外の授受乳期の飲酒事情」などリサーチしました。

【授乳期の飲酒と母乳と赤ちゃんへの影響】

母乳の主成分は血液です。お酒を飲むと血液の中をアルコールが回りますが、これはつまり母乳にもアルコールが流入してしまうことを意味します。
アルコール摂取後の母乳は、匂いに変化があり、赤ちゃんの母乳を飲む量が20~30%減ると言われています。

また、大人はアルコールは肝臓で分解されますが、赤ちゃんの肝臓はまだ未成熟でアルコールをうまく分解できません。そのため、赤ちゃんの体内にアルコールが残ってしまった場合、赤ちゃんが興奮したり、睡眠の質が悪化する可能性があります。

さらに、総合的な運動能力の発達に影響を及ぼし、早期学習にも影響を与える可能性があると言われています。

アルコールが含まれていない安全な母乳を赤ちゃんに飲ませたいですよね!

では、やっぱり授乳期も禁酒を続けなければいけないのか?

授乳育児中は、お酒を飲まないことは望ましいですが、アルコールがしっかり体内からなくなっていれば、お酒を楽しむことも安心して赤ちゃんに母乳を与える事も可能です!

もちろん、適切な量でお酒を楽しむことと母乳にアルコールが含まれていないことをしっかり確認することはとても大切です。

母乳育児中ママたちのお酒事情!調べてみた!

母乳育児中ママたちのお酒事情!調べてみた!

母乳アルコールチェック 母乳アルコールチェック

海外の授乳期ママのお酒事情を調べてみましたが、
授乳中のママがお酒についてSNSに投稿して、わりとオープンにお酒を飲んでいるママも多い印象があります。

この投稿をしている方たちも好き放題飲んでいるわけではなく、
母乳育児中の知識について発信しながら投稿しているという感じですね!

産婦人科に授乳中ママ向けのお酒に関するパンフレットが置いてあったり

こう見ていると、海外では、しっかりと母乳育児中のアルコール接種についての情報が共有されているという印象がありました。

もちろん、好き放題飲んでいいというわけではありません。
母乳と赤ちゃんに対してお酒が与える影響についてもしっかりと学んだ上で、 適切な量以内の飲酒であればやみくもに我慢する必要はないんだなと、思うことが出来ました!

と、海外の事情について調べていましたが

なんと!

日本のママもなんと約3割は、授乳中のタイミングで飲酒を再開していることが判明しました!
早い方だと出産5日後に、退院祝いとして飲酒を再開している方もいらっしゃるとのこと!

参考情報:https://otonal.co.jp/news/108

母乳とアルコール調査の実態

母乳とアルコール調査の実態

カナダ

世界では、政府機関が授乳中だからと言って、お酒を諦める必要はないことを提言している国もあります。

カナダのノバスコシア州政府が発行しているパンフレット「The facts about Alcohol and Breastfeeding」は、実際に産婦人科で配布されているようです。

  • 母親が摂取したアルコールは、すぐに母乳に含まれる
  • 最も母乳のアルコール濃度が高いのは、アルコール摂取から30~60分後
  • 摂取量に応じで、体内のアルコール分解時間が長くなる(目安:ビール1缶→2時間、2缶→4時間、3缶→6時間)
  • 体内にアルコールがある限り、母乳にもアルコールが含まれる
  • アルコールが体内から分解されると、母乳内のアルコールもなくなる(=母乳内にアルコールが溜まることはない)

アメリカ

アメリカの保健福祉省所管の総合研究所CDC(アメリカ疾病予防管理センター)では、飲酒は、母乳育児中において最も安全な選択肢とは言えない。としつつも、適切な量であれば乳児に影響はないと記載しています。

  • 1日1杯程度の飲酒にとどめる
  • 飲酒後2時間以上は時間を空ける
  • 1杯程度の飲酒とは、5%のビール1缶・12%のワイン150ml・ウィスキーやブランデーなど度数40度のお酒1ショット等
  • アルコール分解にかかる時間は、飲酒量だけではなく飲酒の仕方、飲む速さ、体質などにより異なる
  • 母乳のアルコール濃度が最も高いのは、アルコール摂取から30~60分後

日本

日本でも、医師が執筆する記事で授乳中のママに向けた飲酒に関する知識を発信していたりと、「お母さんが飲酒だなんてご法度よ!!」の時代からは変わってきているように思います。

そして一貫して言えることは、

授乳中だからと言って、お酒を諦める必要はない!

もちろん、好き放題飲んでいいというわけではありません。大切なのは、お酒と上手に付き合うための知識をしっかりと身に付け、適切な量以内の飲酒にとどめるということです。

アルコールが残っていないことを確認するベストな方法

アルコールが残っていないことを確認するベストな方法

いくら知識を身に付けたからといって、「お酒が残っている感覚はない」「○時間以上経っているし」と、
感覚だけで判断するのも、少し心配が残るのも事実ですよね。
飲むなら罪悪感なく安心して飲みたい。

だから私は、しっかりと母乳の安全性を目視してから授乳するようにしています!

母乳にアルコールが含まれていないことを目で確認できるアイテムがあるのですよ!

私が使っているのは、母乳に含まれるアルコール量をチェックできるリトマス試験紙みたいなやつです。
その名も「母乳アルコールチェック」

母乳アルコールチェック

使い方は、リトマス試験紙みたいなものに、母乳を垂らして2分待つ。
垂らした部分の色が変色したらアルコールが含まれていることになる。という感じです。
2分経っても、色に変化が無ければ 「アルコールが含まれていない安全な母乳」と判断できるってことです!

どのくらいの量で反応するかというと、アルコール濃度0.02%で反応します。

アルコール濃度0.02%がどれくらいかというと、ビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合のアルコールを飲んだときの血中アルコール濃度は、0.02~0.04%といわれています。

参考情報:http://www.arukenkyo.or.jp/health/prevention/index.html#:~:text=%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%A7%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%8B%EF%BC%9F-,1%E5%8D%98%E4%BD%8D%EF%BC%88%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%B8%AD%E3%81%B3%E3%82%931%E6%9C%AC%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%921%E5%90%88,mg%E3%81%AB%E7%9B%B8%E5%BD%93%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

参考情報

体験レポ

体験レポ

ビール500mlを飲んでチェックした結果

飲み終わりから30分、1時間、2時間後にチェックしました!

母乳アルコールチェック
母乳アルコールチェック
母乳アルコールチェック
母乳アルコールチェック母乳アルコールチェック母乳アルコールチェック
30分後1時間後2時間後

ちょっとわかりにくいけど、30分後は黒っぽく、1時時間後は濃いめの青色?に変化しました。
2時間たつと色の変化がみられず!

ということは、私の場合ビール1缶でも最低でも2時間はアルコール残ってるということですね。

ワインを3杯飲んでチェックした結果

しばらくお酒が残っている感じがしたので、この時は、2時間、5時間、7時間後、17時間後にチェックしました!

母乳アルコールチェック
母乳アルコールチェック
母乳アルコールチェック
母乳アルコールチェック
母乳アルコールチェック母乳アルコールチェック母乳アルコールチェック 母乳アルコールチェック
2時間後5時間後10時間後 17時間後

やっぱりワイン3杯は、飲みすぎちゃったかな…と反省。
2時間たっても真っ黒でした。5時間経過してやっと薄まってきました。7時間でも、まだまだアルコールが含まれているのがはっきりとわかりますね…。
翌朝(17時間後)にチェックしたら、色が特に変わることがなかったので、安心して授乳ができました!

飲んでないのに色が変わった衝撃の体験!

飲んでないのに色が変わった衝撃の体験!

今も、飲んだ後は母乳アルコールチェックを使っているのですが
ある時使い終わった試験紙をそのまま放置していたところ、10分ほど経ってみたら、さっきまで白かった試験紙が水色に変化していました。

まさか、遅れて反応出ることがある?

焦って再度チェックすると、白。

仮に遅れて反応が出ていたとしたら、アルコールが残ったまま授乳していたのかもしれないと思うと青ざめました。

ですが、取り扱い説明書をしっかりと読み返したらありました!

取り扱い説明書 取り扱い説明書

厳密に2分間で計測してくださいって、はっきり書いてありました!

使う前にも読んだはずなのですけど…
ちゃんと読んでないとダメですね!

しかも、室内のアルコールに反応して変色する場合もあるのとのこと。

室内のアルコールに反応して変色する場合もあるんですね 室内のアルコールに反応して変色する場合もあるんですね

まあ、逆にそれだけ正確に反応してくれるってことで信憑性高くなりますね。